ゴムライニング、ゴムホース、ゴム押出、樹脂押出、ゴム型物成型は王子ゴムへお任せください

耐震補強工事のH形鋼

H形鋼の増設により耐震性を高める耐震補強工事があります

カタログ(PDF)を見る

耐震補強工事

推進状況

近い将来に発生が予測されている関東大震災、東海地震、南海地震に対応するため、関東地方(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、東海地方(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県)等では、積極的な取り組みが進められています。

補強方法

現在、建築物について、大地震を想定した耐震性能を検討し、耐震補強の工事が行われています。

補強工事の方法はいくつかありますが、そのひとつとして、建築物の柱や梁にH形鋼を取り付ける方法があります。既存の建物に耐震用のH形鋼を増設工事することにより、建築物に強固な耐震構造を施す方法で、小中学校等の公共設備でも多く採用されています。

問題点

上記の耐震補強では、工事の際に取り付けられたH形鋼がむき出しになる場合があります。補強材は室内に取り付けられる場合もあるため、万が一人がぶつかると非常に危険です。H形鋼のエッジは非常に硬くて鋭利なため、子どもが多い小学校では、特に高い水準の安全対策が求められます。

H鋼セーフティーガード H鋼セーフティーガード

安全対策に最適な衝撃吸収材

H形鋼専用タイプ

H形鋼のエッジに接着剤を使用して固定する「H鋼セーフティーガード」です。

一般的なH形鋼の厚みに応じたサイズを多く用意していますので、どんなH形鋼にもぴったりとフィットします。

H鋼セーフティーガード H鋼セーフティーガード

オールマイティータイプ

両面テープ付きで、柱のエッジに貼り付けるだけの「なみ★すぽ」です。

凹凸面にも追従するので、「H形鋼セーフティーガード」では対応が難しいH形鋼接続箇所のボルト部分にもご使用いただけます。

なみ★すぽ なみ★すぽ

この製品に関するニュース

H鋼エッジ保護材

H鋼エッジ保護材「H鋼セーフティーガード」が各方面で大量に採用されています。

耐震補強工事での増設H形鋼をはじめとして、小中学校等の公共施設での製品採用が大きく増加しています。

ニュースの全文を見る

H鋼エッジ保護材

耐震補強工事でのH鋼エッジ保護には「H鋼セーフティーガード」

既設の建物に耐震用のH鋼を増設工事する耐震補強工事では、むき出しになったH形鋼のエッジカバーが欠かせません。

ニュースの全文を見る